• 予備校のメリット

    医学部に合格する人の多くは浪人を経験しています。もちろん現役で合格する人もいますが、やはり浪人で1年しっかり勉強してきたという人は強いのです。1人で勉強していたという人は少なく、そのほとんどが予備校を利用しています。

  • 予備校で成績は上がるのか?

  • モチベーションが大事

    予備校に通う場合、やはり本人が続けられるかが大事だと言えます。モチベーションを保ち続けることができるかどうかということです。予備校のサポートを背に受けて、自分を奮い立たせましょう。

  • トピック一覧

    「医学部受験をするならいい予備校へ行こう!でも、いい予備校って?」のトピック一覧です。

合格を目指して

教壇に手をつく男性

大学受験は、その人にとっては人生の中でもかなり大きなターニングポイントと言えます。高校受験と比べ物にならないような勉強量になり、受験日にその全てをかけます。就職活動のように年がら年中できるものではなく、1年に1回しかないイベントなのです。
だからこそ、そのために力を蓄えておく必要があります。そこでよく利用されるのは予備校。特に医学部を目指す人のために医学部専門の予備校が作られることもあります。
一度受験に失敗してもそこから這い上がる精神力がある人たちが集まるため、塾よりやる気が一回りも二回りも違うようなところが多いのが特徴です。
また、医学部狙いであるということはどの大学にしたとしてもかなりの学力は求められるので、より効率的な覚え方を身につけなければなりません。人の身体や命を預かる仕事に就くので、そのためにも医学部に入るための努力は人一倍しなければならないのです。
予備校では、受験に必要なことだけを効率よく勉強させてくれます。学校では受験に出ないようなことや、出題形式が全く違うことも習いますが、予備校では効率化が進み、あくまで大学合格を目指した勉強方法になります。
何年か浪人して高いお金まで払って予備校に行っているのだから、絶対合格してやるという周りの意気込みが高いのが特徴で、その良い雰囲気に流されてモチベーションを常に高く保持できるのは良い環境だといえるでしょう。予備校で学んだ勉強方法を家に持ち帰って復習し、定着を目指していきます。