予備校のメリット|医学部受験をするならいい予備校へ行こう!でも、いい予備校って?
  • 予備校のメリット

    医学部に合格する人の多くは浪人を経験しています。もちろん現役で合格する人もいますが、やはり浪人で1年しっかり勉強してきたという人は強いのです。1人で勉強していたという人は少なく、そのほとんどが予備校を利用しています。

  • 予備校で成績は上がるのか?

  • モチベーションが大事

    予備校に通う場合、やはり本人が続けられるかが大事だと言えます。モチベーションを保ち続けることができるかどうかということです。予備校のサポートを背に受けて、自分を奮い立たせましょう。

  • トピック一覧

    「医学部受験をするならいい予備校へ行こう!でも、いい予備校って?」のトピック一覧です。

予備校のメリット

力説する男性

地域差はありますが、近年、浪人する人が増えているようです。合格するのは1年余分に予備校で勉強した浪人生で、その分ハンデがある現役生が落ちてしまうという現象があります。そのため、金銭的に余裕がある家は目指すレベルの大学に落ちたら、予備校に入る準備をする場合が目立ちます。どうしてもその大学が良いという高い望みを抱き、妥協するのは嫌だと滑り止めには行かなかった人たちが、また1年本気で勉強に取り組みます。
予備校に通わなくても勉強はできますが、完全に一人でやるとなると、それなりに学力がなければ苦しい場面も出てきます。例えば、代表的な例でいえば解説を見てもわからない問題に出会った時、それを解説してくれる人が周りに居ません。学校に通っていたならそこの先生に放課後に聞けたでしょうけれど、それも簡単にはできなくなりました。また、ある問題が解けないけれど、それが果たしてその大学のその学部にどの程度大事なのか、どの程度出題されるのかを知らないと、効率の悪い勉強方法になっていまいます。このような時には、予備校に通っていると先生に聞けますし、授業内でそれが解決できるのでメリットだといえます。よって、完全に一人で勉強するなら、ある程度の高みまで辿り着いた人でないと難しいといえます。週1で通うだけでも安心感は違うでしょうね。わからないポイントを絞り、そこだけ聞きに行くスタイルがしっくりくるという人なら頻度は少なくても良いでしょう。